膠原病・リウマチ一人抄読会

膠原病内科の勉強・アウトプットのため、読んだ論文等を投稿していく予定です。間違いがあれば遠慮なくご指摘ください。個別症例相談には応じられませんのでご了承ください。

関節リウマチ

関節リウマチとANCA関連血管炎のオーバーラップ

関節リウマチ(RA)とANCA関連血管炎(AAV)も頻度が多く、RAにおけるANCA陽性・AAVにおけるリウマトイド因子(RF)陽性はよく見る印象。ただその意義はいまいちわかっていない。 RA・AAV両方を合併、 AAV患者におけるRF陽性、RA患者におけるANCA陽性 の3つ…

関節リウマチにおけるTocilizumab投与とCRPの関係性

Ann Rheum Dis. 2020;79(7):874-882. Tocilizumab(TCZ)は抗IL-6受容体抗体で、投与するとCRPがほぼ0になる特性がある。ただ、CRPが低下することとRAが改善することの関連はよくわかっていない。その関連について調べた研究は3つあったが、最もデータが集ま…

JAK阻害薬から他JAK阻害薬へのスイッチは有効なのか?

Ann Rheum Dis. 2022;annrheumdis-2022-222835. 関節リウマチ(RA)の治療薬はどんどん増えており、その代表歴はJAK阻害薬である。 ただJAK阻害薬も全てのRAが治るような薬剤ではない。臨床試験によって結果は微妙に異なるが、他bDMARDsと同じくらい寛解達成…

皮膚筋炎と関節リウマチのオーバーラップ

関節リウマチは頻度の多い疾患であるため、他膠原病と合併することはよくあるが、皮膚筋炎との合併もありうる。特に典型的な皮膚筋炎所見を取らない抗ARS・MDA-5抗体と合併した場合非常に厄介である。 まとめ 抗ARS抗体症候群自体が関節炎を起こし、関節リウ…

2022EULAR関節リウマチ治療推奨

Smolen JS, Landewé RBM, Bergstra SA, et alEULAR recommendations for the management of rheumatoid arthritis with synthetic and biological disease-modifying antirheumatic drugs: 2022 updateAnnals of the Rheumatic Diseases Published Online Fi…

メトトレキサートと葉酸投与量

メトトレキサート(MTX)はリウマチ性疾患治療のキードラッグで、葉酸との併用が基本である。 スタンダードな投与方法は週1回・MTX内服後24-48時間後に葉酸5mg内服だが、どう飲ませるのがベストかは案外わかっていない。よく質問されるので、自分なりにまと…

広義の”Difficult to Treat RA”について考える ②各論

今回は3つに分類した広義のD2TRAについての対応を考えてみる。 前回の総論 ctd-gim.hatenablog.com 【ポイント】 そもそもRAではない…診断ミス 特にSeronegative RAには注意が必要 治療強化困難なRA…、アドヒアランス不良、不適切な薬剤管理、合併症、金銭面…

広義の”Difficult to Treat RA”について考える ①総論

「広義の”Difficult to Treat RA”について考える」というテーマについて総論・各論・実践編という3篇でまとめていく予定です。 ◎ポイント 関節リウマチ(RA)の治療はどんどん発展しているが、一方で治療強化しても改善乏しい「難治例」が残った 難治例の名…

Tocilizumabと好中球減少

Tocilizumab(TCZ, 商品名アクテムラ®)は、関節リウマチ(RA)・若年性特発性関節炎(JIA)などに適応のある生物学的製剤で、使用頻度も多い。 一方で「好中球減少」がよく見られるが、あまり感染症とは関係ないとされている アクテムラ®の添付文書上、「無顆…

65歳以上のRA患者への低用量ステロイドは有効か?

Ann Rheum Dis. 2022;annrheumdis-2021-221957. 疾患活動性の高いRAの大して"bridging"としてステロイドを使うべきかはよくわかっていない。ガイドライン的にも紛糾している。 ACR2021年推奨では ・中-高疾患活動性のDMARDs未使用患者では、短期ステロイド+…

治療抵抗性関節リウマチ

Ann Rheum Dis. 2021;80(1):31-35. Nat Rev Rheumatol. 2021;17(1):17-33. 治療の進歩によって関節リウマチ(RA)の予後は大きく改善したが、それでも難治例は残っている。 難治例の中には、「薬が効かない」というだけでなく、線維筋痛症のような痛みが残る…

リウマチ性疾患におけるFDG-PET

Rheumatology (Oxford). 2021;keab675. PET-CTは悪性腫瘍の評価として有名だが、リウマチ性疾患の診断にも非常に有用である。 日本では大血管炎に対してのみ保険適応があり、自費検査では非常に高価である。 ただ、画像パターンを知っておくと診断・鑑別・フ…

2022年RAバイオ/JAK薬価早見表

薬価は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp/topics/2022/04/tp20220401-01.html)参照 2021年からの変更点は赤字で記載 ◎2022年注目ポイント エタネルセプトBS、アダリムマブBS、アクテムラ点滴の値下げ幅が大きく、3割負担で2万円弱/月になった JAK阻害薬…

トファシチニブと心血管・癌リスク(ORAL-Surveillance試験)

N Engl J Med. 2022;386(4):316-326. トファシチニブ(Tofacitinib)に代表されるJAK阻害薬は、経口薬ながら生物学的製剤(bDMARDs)と同じくらいの効果を持つ薬剤である ただ長期使用の有害事象については不明な点が多く、このORAL-Surveillance試験でようや…

関節リウマチと手根管症候群

関節リウマチ患者での手根管症候群は多いわけではないが、時々見かけるのでまとめ。 手根管症候群について 診察 検査 治療

遠位橈尺関節(DRUJ)と関節炎

手関節は大別して4区画に分かれるが、うち遠位橈尺関節(distal radioulnar joint:DRUJ)は結構見逃されがち+面白い関節なのでまとめ (https://www.seattlehandandelbow.com/distal-radioulnar-joint-druj-arthritis-hand-wrist-surgeon-seattle-bellevue…

朝のこわばりは、炎症反応・無症候性関節炎と関連する

Rheumatology (Oxford). 2021;keab651. 朝のこわばりは関節リウマチ(RA)に特徴的な症状で、RAの全身性/局所的炎症と関連しており、関節痛患者におけるRA発症リスクにもなる →臨床的にRAが疑わしい関節痛(clinically suspect arthralgia, CSA)患者におけ…

抗リウマチ薬と心血管イベントへの影響

Nat Rev Rheumatol. 2021;17(5):270-290. 関節リウマチは合併症に心血管イベントがある。関節リウマチ治療によって関節予後は改善するが、心血管イベント発生率低下につながるかというとよくわかっていない部分が多い。 ポイント 抗リウマチ薬(DMARDs)によ…

メトトレキサート結節

Rheumatology (Oxford). 2021;keab613. 症例:44歳女性 20年前に関節リウマチ(RA)と診断、12年前からメトトレキサート(MTX)15mg/週で治療中 2年前から手指・足指の無痛性結節あり Accelerated methotrexate nodulosis(MTX結節)と臨床診断 →MTX中止・コ…

関節リウマチ治療薬と帯状疱疹リスク

Risk of herpes zoster (shingles) in patients with rheumatoid arthritis under biologic, targeted synthetic and conventional synthetic DMARD treatment: data from the German RABBIT register [published online ahead of print, 2021 Jul 28]. Ann …

Tocilizumabと下部消化管穿孔リスク

Risk for lower intestinal perforations in patients with rheumatoid arthritis treated with tocilizumab in comparison to treatment with other biologic or conventional synthetic DMARDs. Ann Rheum Dis. 2017;76(3):504-510. 最近適応が広がり知名…

痛みの乏しい関節リウマチ(Arthritis Robustus)

関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis: RA)は大半で関節痛があるはずだが、まれに関節症状が乏しく「偶発的に」関節リウマチと診断されるケースが有る そういう関節リウマチは「Arthritis Robustus」と呼ばれる ※Robustus:ラテン語で「頑丈な、丈夫な」 【…

関節リウマチへの生物学的製剤・JAK阻害薬薬価早見表2021年度版

以前作成した関節リウマチに対する生物学的製剤薬価早見表の更新(アダリムマブBS追加)+JAK阻害薬薬価を表にしてみた 【生物学的製剤】 【JAK阻害薬】 【感想】

AbataceptとCOPD増悪の関係性

Semin Arthritis Rheum. 2019;49(3):366-372. 関節リウマチ(RA)に対してのbDMARDsの一種であるAbatacept(ABT)はASSURE trial(COPD合併RAへの臨床試験)でCOPD増悪リスクが高かったことから、ラベル警告が出されている。 ただその解析は、54人のCOPD患者…

関節リウマチ患者における血管イベントとRA治療反応不十分の関係

Patients With Rheumatoid Arthritis With an Inadequate Response to Disease-Modifying Antirheumatic Drugs at a Higher Risk of Acute Coronary Syndrome. J Am Heart Assoc(IF: 4.605). 2021;10(8):e018290. 台湾からのコホート研究 心血管疾患は関節リ…

間質性肺疾患合併関節リウマチに対してのアバタセプト単剤vsアバタセプト併用療法

Rheumatology (Oxford). 2021;keab317. 関節リウマチ(RA)に対して間質性肺疾患(ILD)が合併することは非常に多く(3-67%)、心血管イベントに次ぐ死因となる RA-ILD患者への治療には色々議論があるが、イギリス/スペイン等でのガイドラインではアバタセプト…

早期関節リウマチに対してステロイドを使用すべきか?

Rheumatology (Oxford). 2021;keab151. “Should we use glucocorticoid in Early Rheumatoid Arthritis? : Results at 5 years from the ERA UCLouvain Brussels cohort." 関節リウマチに対してのステロイドの立場とは結構微妙であり、RAに対しての最新のACR…

関節リウマチの皮膚病変

Autoimmun Rev. 2021;20(2):102735. 関節リウマチは滑膜細胞への炎症が主病態であり、関節症状がメインである。 ただ関節外症状も多く、RA患者の17.8〜40.9%に発生するとされる ただ、その割には過小評価・過小治療されることが多い →関節外症状に絞ったレ…

CRPと関節リウマチの併存病変

“C-reactive protein and implications in rheumatoid arthritis and associated comorbidities.” Semin Arthritis Rheum. 2020;51(1):219-229. CRPは頻用される指標ではあるが、使い方は案外難しい。今回はCRPとRAの併存症の関係性に絞ったレビュー。

RA患者でのステロイド/PPI併用による骨折リスク増加

Abtahi S, Driessen JHM, et al. "Concomitant use of oral glucocorticoids and proton pump inhibitors and risk of osteoporotic fractures among patients with rheumatoid arthritis: a population-based cohort study." Ann Rheum Dis. 2020 Dec 11:an…