膠原病・リウマチ一人抄読会

膠原病内科の勉強・アウトプットのため、読んだ論文等を投稿していく予定です。間違いがあれば遠慮なくご指摘ください。個別症例相談には応じられませんのでご了承ください。

治療薬

Tocilizumabと好中球減少

Tocilizumab(TCZ, 商品名アクテムラ®)は、関節リウマチ(RA)・若年性特発性関節炎(JIA)などに適応のある生物学的製剤で、使用頻度も多い。 一方で「好中球減少」がよく見られるが、あまり感染症とは関係ないとされている アクテムラ®の添付文書上、「無顆…

ループス腎炎寛解導入でのタクロリムスvsシクロホスファミド静注

JAMA Netw Open. 2022;5(3):e224492. SLE合併症の代表例であるループス腎炎(LN)への寛解導入療法といえば、ステロイド+免疫抑制剤である 免疫抑制剤の選択肢として、カルシニューリン阻害薬の一種タクロリムス(Tac)・シクロホスファミド静注(IVCY)が…

2022年乾癬性関節炎(PsA)バイオ/JAK薬価早見表

薬価は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp/topics/2022/04/tp20220401-01.html)参照 2022年注目ポイント アダリムマブBSの値下げ幅が大きい コセンティクス小幅値上げ 赤字が薬価改定あった部分 関節リウマチ版 ctd-gim.hatenablog.com 【画像版】 ◎TNF…

2022年RAバイオ/JAK薬価早見表

薬価は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp/topics/2022/04/tp20220401-01.html)参照 2021年からの変更点は赤字で記載 ◎2022年注目ポイント エタネルセプトBS、アダリムマブBS、アクテムラ点滴の値下げ幅が大きく、3割負担で2万円弱/月になった JAK阻害薬…

新規発症リウマチ性多発筋痛症へのTocilizumab(PMR-SPARE試験)

Ann Rheum Dis. 2022;annrheumdis-2021-221126. リウマチ性多発筋痛症(PMR)は関節リウマチに次いで高齢者に多い炎症性リウマチ性疾患であり、治療はステロイド単剤治療が推奨されている ステロイド以外の薬剤のデータはかなり乏しく、メトトレキサート(MT…

人工膝・股関節置換術前の抗リウマチ薬/免疫抑制剤の術前休薬推奨の2022年更新版(ACR)

https://www.rheumatology.org/About-Us/Newsroom/Press-Releases/ID/1210 アメリカリウマチ学会(ACR)の抗リウマチ薬/免疫抑制剤使用患者での人工関節置換術前休薬推奨が5年ぶりに更新され、プレスリリースされたので紹介。2022年夏に正式版はpublishされ…

ヒドロキシクロロキンの有害事象・減感作療法

Clin Exp Rheumatol. 2021;39(5):1099-1107. ヒドロキシクロロキン(HCQ)は、SLEのキードラッグだが継続困難例が散見される。代表的なのが皮疹だが、網膜症を始めとした皮膚外症状にも注意が必要。 皮膚症状でHCQ使いにくくなった症例でも、減感作療法を行…

トファシチニブと心血管・癌リスク(ORAL-Surveillance試験)

N Engl J Med. 2022;386(4):316-326. トファシチニブ(Tofacitinib)に代表されるJAK阻害薬は、経口薬ながら生物学的製剤(bDMARDs)と同じくらいの効果を持つ薬剤である ただ長期使用の有害事象については不明な点が多く、このORAL-Surveillance試験でようや…

低用量ステロイドと心血管リスク

Dose-dependent oral glucocorticoid cardiovascular risks in people with immune-mediated inflammatory diseases: A population-based cohort study. PLoS Med. 2020;17(12):e1003432 ステロイドは様々な自己免疫性炎症性疾患に使われているが、その副作…

リウマチ性疾患におけるB型肝炎再活性化対策

Reactivation of hepatitis B virus infection in rheumatic diseases: risk and management considerations. Ther Adv Musculoskelet Dis. 2020;12:1759720X20912646. 免疫抑制療法を受けているリウマチ性疾患患者患者におけるB型肝炎再活性化は、適切なス…

難治性SLEへのRituximab+Belimumab併用療法(BEAT-LUPUS)

"Effectiveness of Belimumab After Rituximab in Systemic Lupus Erythematosus : A Randomized Controlled Trial.” Ann Intern Med. 2021;10.7326/M21-2078. doi:10.7326/M21-2078 従来の治療に対して抵抗性の難治性SLE患者48人に対して、Rituximab(抗CD20…

免疫介在性壊死性筋症治療フローチャート

Neuromuscul Disord. 2018;28(1):87-99. 免疫介在性壊死性筋症に関しての専門家会議(第224回ENMCワークショップ)から提唱された推奨事項 治療フローチャートについて紹介 免疫介在性壊死性筋症全体に関しては以下参照 ctd-gim.hatenablog.com 【治療フロー…

難治性全身性強皮症の管理へのエキスパートオピニオン

Simms RW. Expert Perspectives On Clinical Challenges: Expert Perspectives: Challenges in Scleroderma. Arthritis Rheumatol. 2020;72(9):1415-1426. doi:10.1002/art.41406 全身性強皮症(SSc)に関してのエキスパートオピニオン。 前回)炎症性筋症へ…

難治性炎症性筋症の管理へのエキスパートオピニオン

Lundberg IE. Expert Perspective: Management of Refractory Inflammatory Myopathy. Arthritis Rheumatol. 2021;73(8):1394-1407. doi:10.1002/art.41762 難治性の特発性炎症性筋症(Idiopathic inflammatory myopathies (IIMs)に対しての治療のエキスパー…

重症ANCA関連血管炎に対するRitixmab・Cyclophosphamide・血漿交換の併用療法

Gulati K, Edwards H, Prendecki M, et al. Combination treatment with rituximab, low-dose cyclophosphamide and plasma exchange for severe antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis [published online ahead of print, 2021 Sep 21…

抗リウマチ薬と心血管イベントへの影響

Nat Rev Rheumatol. 2021;17(5):270-290. 関節リウマチは合併症に心血管イベントがある。関節リウマチ治療によって関節予後は改善するが、心血管イベント発生率低下につながるかというとよくわかっていない部分が多い。 ポイント 抗リウマチ薬(DMARDs)によ…

メトトレキサート結節

Rheumatology (Oxford). 2021;keab613. 症例:44歳女性 20年前に関節リウマチ(RA)と診断、12年前からメトトレキサート(MTX)15mg/週で治療中 2年前から手指・足指の無痛性結節あり Accelerated methotrexate nodulosis(MTX結節)と臨床診断 →MTX中止・コ…

Tocilizumabと下部消化管穿孔リスク

Risk for lower intestinal perforations in patients with rheumatoid arthritis treated with tocilizumab in comparison to treatment with other biologic or conventional synthetic DMARDs. Ann Rheum Dis. 2017;76(3):504-510. 最近適応が広がり知名…

人工膝・股関節置換術前の抗リウマチ薬/免疫抑制剤の術前休薬推奨(ACR)

ACR(アメリカリウマチ学会)からの人工関節置換術前の休薬推奨。 2017年のガイドライン(Arthritis Rheumatol. 2017;69(8):1538-1551.)がまもなく更新される(https://www.rheumatology.org/Portals/0/Files/Perioperative-PICO-Questions-and-Medications…

ステロイド誘発性副腎不全

"Glucocorticoid induced adrenal insufficiency." BMJ. 2021;374:n1380. ステロイド長期使用で必ず問題となる医原性副腎不全に関してのレビュー。 非常に長いが、実践的な内容が詰まった非常にいいレビューなので、アプローチのところだけでも読んでほしい…

巨細胞性動脈炎の治療失敗予測因子

" Treatment failure in giant cell arteritis" Ann Rheum Dis. 2021;annrheumdis-2021-220347. 巨細胞性動脈炎(Giant cell arteritis: GCA)は糖質コルチコイド(GC、以下ステロイドと表記)単剤治療では再発しやすく、IL-6阻害薬Tocilizumab(TCZ)を併用…

関節内治療(関節注射)についてのEULAR推奨

EULAR recommendations for intra-articular therapies. Ann Rheum Dis. 2021;annrheumdis-2021-220266. 関節症患者への関節注射に対するEULARからの推奨まとめ。 関節注射に関してはまとまったエビデンスは少なく、過去レビュー・専門家意見から推奨度を作…

巨細胞性動脈炎と大動脈炎:レビュー

巨細胞性動脈炎(Giant cell arteritis: GCA)は動脈瘤、破裂、大動脈解離などの重篤な大動脈合併症を合併する場合がある。 GCAの発症初期に起こる場合もあれば、数年の経過後の動脈瘤という形もある 大動脈炎の有病率は過小評価されており、致死的な合併症…

巨細胞性動脈炎の80歳以上の患者へのTocilizumabの有効性・安全性

“Assessment of the efficacy and safety of tocilizumab in patients over 80 years old with giant cell arteritis” Arthritis Res Ther. 2021;23(1):143. 巨細胞性動脈炎(Giant Cell Arteritis: GCA)へのTocilizumab(TCZ)の有効性についてはGiACTA tr…

ループス腎炎の寛解達成後の免疫抑制療法中止

Immunosuppressive therapy withdrawal after remission achievement in patients with lupus nephritis. Rheumatology (Oxford). 2021;keab373. ループス腎炎患者に対して、寛解後にどのように免疫抑制剤を中止するかは議論が分かれる 寛解期のループス腎炎…

乾癬性関節炎生物学的製剤薬価早見表2021年度版

先日作った 生物学的製剤薬価の乾癬性関節炎(PsA)版。 薬価は今日の治療薬2021参照 ①TNF阻害薬 ②IL-17阻害薬・PDE4阻害薬 ③IL-23阻害薬 ④画像版 ⑤薬価情報・シミュレーターサイト ⑥感想

関節リウマチへの生物学的製剤・JAK阻害薬薬価早見表2021年度版

以前作成した関節リウマチに対する生物学的製剤薬価早見表の更新(アダリムマブBS追加)+JAK阻害薬薬価を表にしてみた 【生物学的製剤】 【JAK阻害薬】 【感想】

AbataceptとCOPD増悪の関係性

Semin Arthritis Rheum. 2019;49(3):366-372. 関節リウマチ(RA)に対してのbDMARDsの一種であるAbatacept(ABT)はASSURE trial(COPD合併RAへの臨床試験)でCOPD増悪リスクが高かったことから、ラベル警告が出されている。 ただその解析は、54人のCOPD患者…

間質性肺疾患合併関節リウマチに対してのアバタセプト単剤vsアバタセプト併用療法

Rheumatology (Oxford). 2021;keab317. 関節リウマチ(RA)に対して間質性肺疾患(ILD)が合併することは非常に多く(3-67%)、心血管イベントに次ぐ死因となる RA-ILD患者への治療には色々議論があるが、イギリス/スペイン等でのガイドラインではアバタセプト…

長期ステロイド投与患者に対してのデノスマブVSアレンドロン酸

“Denosumab versus alendronate in long-term glucocorticoid users: A 12-month randomized controlled trial" Bone. 2021;146:115902. 香港からのRCT→アジア人のステロイド骨粗鬆症患者において、脊椎の骨密度改善はデノスマブがアレンドロン酸よりも優れ…